『ストリート ファイター X(クロス) 鉄拳』公式サイトで体験動画企画が開始 Missストクロ企画の中間発表も

3ds r4 ●発売に向けて、新企画がスタート!

 カプコンから2012年3月8日に発売が予定されているプレイステーション3、Xbox 360、PlayStation Vita用ソフト『ストリートファイター ×(クロス) 鉄拳』(PS Vita版は発売日未定)。公式サイトにて、プロゲーマー梅原大悟氏らによる体験動画企画が開始した。また、“MissストクロCOLLECTION”の中間結果も発表されている。 体験動画企画は、“ウメハラ、ときどの『ストリートファイター X 鉄拳』を触ってみた』と題して、本日(2012年2月3日)から配信開始となる第1回“ウメハラ、初めてのストクロ”を皮切りに、毎週金曜日、計4回にわたって配信される予定となっている。 ウメハラ、初めてのストクロウメハラがストクロを初体験!クロスラッシュ、ジェムをどう使いこなすのか? 「ウメハラ?ときど」がガチ対戦!チュートリアルで一通りシステムを体験した両名。トップゲーマー二人のテクニックは必見!最高峰バトルを見届けよ! 「ウメハラ?ときど」の最強タッグバトル!「ウメハラ?ときど」がストクロでペアプレイ!この最強タッグはCPU最強設定を何分で倒すのか! ジャンブルバトルで熱くなれ!ストクロのお祭りモード「ジャンブルバトル」をプロゲーマーが初体験!同画面、同時4人対戦をプロゲーマーはどう攻略するか?

▲動画には『ストクロ』の アシスタントプロデューサー、 綾野 智章(あやのともあき)氏(写真中央)も登場。

■梅原 大吾(写真左)プロフィールTeam Mad Catz 所属のプロ格闘ゲーマー、梅原大吾。国内では「ウメハラ」、海外では「Daigo」として格闘ゲーム業界では、その実力とプレイスタイルから、最も高い知名度を持つ。 90年代半ばより国内はもとより、世界規模の格闘ゲーム大会にて活躍し、特に2004年のEvolutionでは、その「神業」による 奇跡的大逆転を起こし、その名を世界的に知らしめることになった。 国内外の大規模なStreetFighter大会のタイトルを誰よりも多く獲得し、格闘ゲーム史上が誇る世界のトッププレイヤーから「最強」のプレイヤーとして見なされる梅原は、その功績が認められ、2010年にはギネス?ワールドレコードにも認定された。■ときど(写真右)プロフィールTeam Mad Catz 所属のプロ格闘ゲーマー、日本では「ときど」、海外では「The Murder Face」として知られている 谷口 一(たにぐちはじめ)。 東京大学卒業という経歴を持ち、頭脳派らしい連携?セットプレイのテクニックで高い評価を得ており、2D、3Dに関わらず ストリートファイターシリーズはもちろんのこと、様々な格闘ゲームを広範囲にプレイするマルチプレイヤー。 勝利に執着した容赦ない彼のプレイスタイルは、よく冷酷(Cut-throat)と言われるが、実際の性格は冷酷ではない。

●MissストクロCOLLECTION中間発表

 2012年1月13日よりスタートした“MissストクロCOLLECTION”の中間結果が、公式サイトにて発表された。Miss春麗?Missキャミィ?Missニーナ?MIss飛鳥……各候補者の順位をチェックしてみよう。さらに新規写真も追加掲載されている。候補者たちの新たな魅力を発見できるかも!? 応募終了は2012年2月13日(月)だ。↓応募はこちらから(PC?Twitterからの応募も下記からとなります。)↓http://www.capcom.co.jp/sfxtk/audition/ 見事“Missストクロ”に選ばれた4名は、2012年3月3日(土)に開催の“ストクロ完成記念 スーパーストリートファイターIV アーケードエディション 2012 CAPCOM公式全国大会 春獄節! ~格闘ひな祭り~”で発表される予定だ。もちろん当日は4人のヒロインのセクシーなコスチュームを再現した衣装で登場する予定。 さらにソフト発売日以降の活躍にも、期待したいところだ。※「MissストクロCOLLECTION」とは……ストリートファイターシリーズのヒロイン「春麗」「キャミィ」、そして鉄拳シリーズのヒロイン「飛鳥」「ニーナ」の4キャラクターにつき、それぞれ厳正なる審査で選ばれた「ミス春麗」「ミスキャミィ」「ミス飛鳥」 「ミスニーナ」候補者総勢20名の中から最もそのキャラクターにふさわしい女性を選ぶ、ユーザー参加型オーディション。

■Miss春麗 稲川みなみ

■Missキャミィ 藤田薫子

■Missニーナ 大塚莉奈

■Miss飛鳥 朝弓紗名

(C)CAPCOM U.S.A., INC. 2012 ALL RIGHTS RESERVED.(C) 2012 NAMCO BANDAI Games Inc.(?と年号の間に半角スペースが入ります)※画面は開発中のものです。 DSTTi

『モンスターハンター3(トライ)G』のアンソロジーコミックほかが初登場!

jailbreak2 ●『ストリートファイター X(クロス) 鉄拳』は、早くも設定資料集の発売が決定!

 カプコンの大人気ハンティングアクション『モンスターハンター3(トライ)G』の公式アンソロジーコミックが登場する。また、『ストリートファイター X(クロス) 鉄拳』の資料集や『バイオハザードリベレーションズ』のサントラCDの発売も予定されている。

■モンスターハンター3(トライ)G オフィシャルアンソロジーコミックニンテンドー3DS用ソフト『モンスターハンター3(トライ)G』のオフィシャルアンソロジーコミックスシリーズがついに登場!カバーイラストは『LOVELESS』や『機動戦士ガンダム00』のキャラクターデザインでお馴染みの高河ゆん氏が担当。漫画は、モンハンファンにはお馴染みの布施龍太氏、山本晋氏、輝竜司氏を始めとする、モンハン好きにはたまらない作家陣が多数集った豪華な一冊。?発売日:2012年4月10日?定価:840円[税込]?仕様:A5判/116ページ

■ストリートファイターX 鉄拳アートワークスカプコンとバンダイナムコが夢のコラボを果たした3月8日発売予定の『ストリートファイター X 鉄拳』。期待の新作に、早くも設定資料集の発売が決定!イラスト&ムービーを担当したポリゴン?ピクチュアズ制作の大量の設定画?イラストの掲載に加え、開発時の設定資料までも公開。特別企画として、当書籍の描き下ろし表紙を手がける、『ストリートファイターII』でキャラクターデザインを担当したイラストレーターのあきまん氏や、バンダイナムコゲームスのアートディレクター水島氏?木村氏のインタビューを収録! さらに、特典としてB3サイズ両面ポスターが付属。イラストは、森気楼氏による描き下ろしイラストと、西村キヌ氏によるイラスト(ゲーマガ2012年/4月号表紙イラストの描き足し完全版)を収録した豪華な逸品だ!?発売日:2012年4月5日?定価:2940円[税込]?仕様:A4判/192ページ

▲森気楼氏によるイラストはまだ未公開。

■バイオハザード リベレーションズ オリジナル?サウンドトラック携帯ゲームの限界を超えた、サバイバルホラーの金字塔、ニンテンドー3DSの『バイオハザードリベレーションズ』の楽曲を収録したサントラCDがいよいよ本日発売!描き下ろしジャケット+ディスク2枚組の大作に加えて、初回分に限りニンテンドー3DSで発売中のアクションゲーム『バイオハザードザ?マーセナリーズ3D』のサントラCDが特製紙スリーブケースで同梱される限定仕様で、ファンにうれしいアイテムだ。初回仕様限定盤は数量に達し次第、通常版へと切り替わるため、特典ディスクを入手したい人は、いますぐお店に急ごう!?発売日:2012年2月22日?価格:3990円[税込]?仕様:2枚組/オールカラーブックレット/初回仕様分のみ「バイオハザードザ?マーセナリーズ3D オリジナル?サウンドトラック」同梱

(c)CAPCOM CO., LTD. 2009,2011 ALL RIGHTS RESERVED.(c)CAPCOM U.S.A., INC. 2012 ALL RIGHTS RESERVED.(c) 2012 NAMCO BANDAI Games Inc.(c)CAPCOM CO., LTD. 2012 ALL RIGHTS RESERVED.

3ds r4i

[海外ゲームニュース]『Trials HD』が超絶進化しまくった『Trials Evolution』最新動画

マジコン 販売 ●即死覚悟のシビアなトライアルがふたたび始まる

 Ubisoftは2012年2月3日、『Trials Evolution』の最新映像を公開した。 本作は『Trials HD』の続編。バイクを制御して超危険な横スクロールのステージをくぐり抜けて行く……のが基本なのだが、“Evolutuion(進化)”の名の如く、もうわけのわからない超絶進化を遂げ、マルチプレイや、「もうバイク関係ないじゃん!」ってな具合に進化したエディター機能まで搭載している。海外では2012年にXbox LIVEアーケードで配信予定。

3DS R4i 通販

『ドットハック セカイの向こうに』は“松山洋の新たなチャンネル”が感じられる作品に――学生向け特別講義が開催

true blue ps3 ●日野晃博氏、原田勝弘氏も絶賛した物語はいかにして作られたのか

 ゲーム『.hack(ドットハック)』シリーズや『NARUTO-ナルト- ナルティメット』シリーズ、『Solatorobo(ソラトロボ) ~それからCODAへ~』などの開発で知られるサイバーコネクトツーがアニメーション制作を担当した劇場用3Dアニメーション『ドットハック セカイの向こうに』。2012年1月21日の全国公開(テアトル新宿、シネ?リーブル池袋ほか)に先駆けて、監督を務めるサイバーコネクトツー代表取締役社長の松山洋氏による特別講義が、2012年1月11日に代々木アニメーション学院東京本部校アニメ?マンガ館にて開催された。 『ドットハック セカイの向こうに』は、現実世界と“THE WORLD(ザ?ワールド)”と呼ばれるオンラインゲームの世界を並行して描くメディアミックス作品『.hack(ドットハック)』シリーズの最新作にして、初の劇場長編作。最先端のフル3DCGで、現実の世界とゲームの世界を創り出す意欲作となっている。今回の講演では松山氏に加えて、映画のためにサイバーコネクトツーで結成された制作チーム“sai -サイ-”でプロジェクトリーダーを務める二塚万佳氏も登壇し、映画完成までの具体的な流れなどを代々木アニメーション学院の学生たちに紹介した。

▲監督を務めた松山氏。

 最初に松山氏が語ったのは、劇場映画で『.hack(ドットハック)』シリーズを制作するうえでのスタンスについて。同氏いわく、ゲーム版ではゲーム世界と現実世界の割合を9:1で描いているのに対し、映画では現実世界を6割、ゲーム世界を4割で描いているそうで、ゲームと現実の比率が逆転している。その理由は、映画はゲームと比べてより幅広い層が気軽に楽しめるメディアである、という同氏の考えに拠るもの。言い換えれば『ドットハック セカイの向こうに』は、誰でも楽しめるというコンセプトを掲げており、そのために、観客と地続きである現実世界に比重を増やしたというわけだ。ゲーム版と異なる点はほかにもある。ゲーム開発ではハードのスペックに制限があるため、映像表現にはどうしても制約が生まれてしまう。しかし、映像の世界ではその制約がゲームと比べれば幅が広い。そこで松山氏は、制作に当たってはスタッフに「映像の力で思う存分やったれ、好きなことができるぞ!」と呼びかけたそうだ。 『NARUTO-ナルト- ナルティメット』シリーズのリアルタイムで描かれるマンガ的表現に代表されるように、映像表現に強いこだわりを持つサイバーコネクトツー。松山氏のスタッフに対する呼び掛けからもわかる通り、今回の映画制作においても映像へのこだわりは遺憾なく発揮されたが、それに加えて力を入れたのが脚本だと言う。松山氏を始めとする制作チームでは、脚本家の伊藤和典氏から提出された初校をもとに、スタッフ全員でブラッシュアップを行った。シーンのつながりに不自然な点はないか? 物語としての見どころはしっかりとあるか? などをしっかりと確認し、そのうえでブレインストーミングのように意見を出し会い、じつに7回もの書き直しを行ったそうだ。また、脚本を具体的に映画の場面として落とし込む絵コンテについても第6稿まで作成。ゲーム制作の現場では“デバッグ”というプレイ中に起こる不具合などを洗い出す作業工程があるが、『ドットハック セカイの向こうに』ではシナリオ制作においてデバッグを行ったというわけだ。その出来については、松山氏いわく、試写で観たレベルファイブの日野晃博氏、バンダイナムコゲームスの原田勝弘氏という著名クリエイターが揃って「人間の心理描写やドラマ部分が丁寧に描かれている。“松山洋の新たなチャンネル”だ」と絶賛したほど好評な模様。松山氏自身も「今回は違うチャンネルです。自然な仕草、心理描写など、見ている人にどう感じてもらいたいかを考え抜いて作った」と講義の中で語っており、従来までのサイバーコネクトツー作品とはひと味違った世界を、『ドットハック セカイの向こうに』で見ることができるだろう。 映像表現については、キャラクターのモデリングから背景、アニメーションまですべての面においてハイクオリティーを目指したのは言うまでもない。しかし本作は“フル3D”ということで、苦労もその分多かったと二塚氏は語る。たとえば、立体視では右目と左目用の画像を用意しなければいけなので、制作の作業量は単純計算で倍。加えて、立体視にズレがないかの確認や、左目用と右目用で片方だけに映っている物はないか……といった確認の手間も増大する。しかし、二塚氏らは決して妥協することなく1フレーム単位でチェックを実施。松山氏も納得のクオリティーに仕上げたという。

▲二塚氏からは、具体的な制作手順などが説明された。

▲『.hack』シリーズには外伝が許されないので、映画もシリーズ全体の歴史に乗るものとなっている。

 以上のように映像と脚本ともに細部まで作り込まれた『ドットハック セカイの向こうに』だが、サイバーコネクトツー独自の取り組みも、もちろん複数盛り込まれている。まずは『.hack(ドットハック)』シリーズとしてのつながりだ。映画の時代設定は2024年で、これは2011年に発売された『.hack//Quantum』シリーズの2年後。『.hack//Quantum』の中で起きた事件は、映画で起きる事件にも関連しているという。さらに、今後展開が予定されているゲームプロジェクトでは2025年が舞台になる予定で、そこで描かれる事件は映画とも関連している。「ゲームを遊びたい人は映画をおさえておいたほうがいい」(松山)ということだ。映像表現については、立体視の使いかたをシーンによって差別化している。具体的には現実世界では立体深度が緩められており、ゲームの世界では立体深度を強めてより奥行きのある映像を表現。『.hack(ドットハック)』という現実世界とゲーム世界を並行して描くというコンテンツ力を活かした取り組みと言えるだろう。そのほか、“サイバーコネクトツーらしさ”として松山氏が挙げたのが、スタッフの“○○ごっこ”だ。たとえば劇中で人々が“THE WORLD(ザ?ワールド)”を遊ぶ際に使用する“FMD(フェイス?マウント?ディスプレイ)”を、スタッフが実寸で再現。ただ外見だけを作るのではなく、劇中では語られないパッケージに記された商品情報が書かれており、さらにその内容は2024年という時代設定から予測されるもの(リサイクルマークや注意書きを近未来的に変えるなど)になっていたという。つまり、映画の世界にいる商品開発者“ごっこ”をしていたのだ。もちろん、“THE WORLD(ザ?ワールド)”についてもスタッフが映画内のゲーム開発者“ごっこ”で作り込み、“THE WORLD FORCE:ERA”という最新バージョンを用意。そういった“○○ごっこ”を重ねることで、世界設定に説得力を持たせたのだ。

▲スタッフの“○○ごっこ”が世界設定に説得力を持たせる。

 世界設定の説得力という点ではほかに、徹底したロケハンも実施した。『ドットハック セカイの向こうに』の現実世界は福岡県の柳川と天神がおもなロケーションとなっており、制作陣はそれらの地域にあるさまざまな店舗へ出向き、実名での使用許可を得た。大型のビルはもちろんのこと、バスや電車と言った公共交通機関、さらには老舗の明太子屋、学校で使用している机のサイズ、登場人物が持つバッグや靴まで、リアルに再現されている。土地勘がある人ならば、映画を観る際にはぜひ注目しておきたいポイントだろう。 講義の最後では事前に学生から寄せられた質問に答える質疑応答も実施。その中では松山氏のモノ作りに対する熱い思いもうかがうことができた。フル3Dの劇場映画に挑戦した理由を問う質問には、「いま3D立体視の映画はたくさんあるが、3Dの演出がしっかりと行われているものは少ないと思う」と率直な意見を述べたうえで、「3Dアニメーションのひとつの指針になれるものを作りたかった」と回答。加えて、できあがった作品は3D立体視作品として「超観やすい、気持ちがいい」ので、2Dバージョンの上映は行われないと説明した。また、さまざまな分野でモノ作りをするうえで気をつけることについて問われると、分野ごとのクリエイターの意見を尊重しつつ「ひとつの作品としておもしろいものにしたうえで、ほかのメディアから入ってきた人がニヤリとできる内容にする」という点だけは外さない、松山氏の流儀を紹介。『ドットハック セカイの向こうに』ももちろんその流儀にのっとったもので、「映画を観る前に、ゲームの『.hack(ドットハック)』シリーズを知っておく必要はないです」と断言。「ゲームを遊んだことがない女の子が観ても、おもしろいと思ってもらえる作品を目指しました。ただし、シリーズをすべて遊んでいる人ならニヤリとできる要素は入っています」と万人が楽しめる作品に仕上がったことをアピールした。

ds r4

『喧嘩番長Bros. トーキョーバトルロイヤル』の生実況放送が2012年6月26日20時からニコニコゲーム実況チャンネルにてスタート

R4i 購入 ●実況者はゲーム実況ユニットのえどさん”&ふみいち

 スパイク?チュンソフトより発売中のプレイステーション?ポータブル用ソフト『喧嘩番長Bros. トーキョーバトルロイヤル』。本作の生実況が、2012年6月26日(火)の20時から“ニコニコ動画のゲーム実況チャンネルにて毎週火曜日、全6回にわたって放送される。実況を担当するのはゲーム実況ユニットのえどさん”&ふみいち。■ニコニコゲーム実況チャンネル『喧嘩番長Bros. トーキョーバトルロイヤル』放送予定第1回:2012年6月26日(火)20:00~約1時間第2回:2012年7月3日(火)20:00~約1時間第3回:2012年7月10日(火)20:00~約1時間第4回:2012年7月17日(火)20:00~約1時間第5回:2012年7月24日(火)20:00~約1時間第6回:2012年7月31日(火)20:00~約1時間

■えどさん”&ふみいち とはえどさん”(左)とふみいち(右)のふたりよるゲーム実況ユニット。“ゲーム実況”というジャンルが定着し始めた黎明期より、自作のゲーム実況動画を数多く配信。現在ではゲーム実況動画専門の映像制作スタジオ“スタジオえどふみ”を立ち上げ、ニコニコ動画公式チャンネル“ニコニコゲーム実況チャンネル”を運営しつつ、ゲームタレントとして活動中。毎週数回ゲーム実況番組にレギュラー出演している。オフィシャルサイト:http://www.edo-fumi.com/

PS3 BREAK 通販

true blue ●「稲船が好きなジャンルで、好きな形で作っている」

 2012年3月9日、ソニー?コンピュータエンタテインメントジャパンが、PlayStation Vita(以下、PS Vita)関連の最新情報を発表する動画配信イベント“ようこそ!PS Vita ゲーム天国”を実施。本イベントで公開された新情報をお届けする。 コンセプトの稲船敬二氏による動画では、ソニー?コンピュータエンタテインメントでプレイステーション Vita向けの新作を手掛けていることが明らかに。注目の内容は「本当に稲船らしい、すごーいゲーム」とのことで、「稲船が好きなジャンルで、好きな形で作っている」とのこと。詳細はまだ不明だが、稲船氏は「自信作」と言い切っており、ユーザーにも期待してほしいと呼びかけていた。

PS3 BREAK 購入

『お姉チャンバラZ~カグラ~』ダウンロードコンテンツ第一弾が配信決定

r4tti
●2012年1月24日より配信予定

 ディースリー?パブリッシャーから2012年1月19日に発売が予定されているXbox 360用ソフト『お姉チャンバラZ~カグラ~』で、ダウンロードコンテンツ第一弾の配信が決定した。配信はソフト発売翌週の2012年1月24日を予定しており、新コスチュームやヘアスタイルなどが用意されている。

<沙亜也専用「セーラー服」コスチューム>価格:320MSP純白がまぶしい沙亜也専用のコスチューム「セーラー服」。黒バージョンもいっしょに入ってひとつで2度おいしいセットです。

<神楽専用髪型「ウルフヘア」>価格:240MSP神楽専用の追加ヘアスタイル「ウルフヘア」ワイルドな神楽が、より一層パワーアップした様相になっております。金髪バージョンも入っております。

<神楽&沙亜也用髪型「ソウルアフロ」>価格:240MSP神楽と沙亜也の二人が使用できるヘアスタイル「ソウルアフロ」ファンクな雰囲気で、ゾンビを斬りたい人にお勧めです。

<沙亜也専用髪型「ショートボブ」>価格:240MSP沙亜也が普段より活発に見えるショートボブ。色が違うだけでもかなりイメージが変わります。

<アクセサリー「黒メガネ&赤メガネ」>価格:160MSPメガネ好きには最高の一品である黒と赤のメガネ。 踏み付け攻撃されるゾンビがうらやましくなるかも! 神楽、沙亜也どちらにも装備できます。

<アクセサリー「スタイリッシュサングラス」>価格:80MSPクールなスタイリッシュサングラス。 神楽が着けると避暑地に訪れたセレブのよう。神楽、沙亜也どちらにも装備できます。

<アクセサリー「メイドカチューシャ」>価格:80MSPレースが可愛らしいメイドさんのカチューシャ。こんな家政婦さんにならすべてを見られたい! 神楽、沙亜也どちらにも装備できます。

<アクセサリーセット「悪魔の装飾品」>価格:240MSP悪魔をモチーフにしたアクセサリー4点セット。尻尾の三角マークが実にチャーミング。セット販売ですが、バラバラに使用することもできます。神楽、沙亜也どちらにも装備できます。

(C)D3 PUBLISHER マジコン 販売

dstti 販売
●サントラCD同梱、さらに早期購入特典も

 アーケードゲーム専門誌“月刊アルカディア”にて連載されていた『旋光の輪舞』(有限会社グレフ)のスピンオフ小説が、シリーズの作曲者?渡辺恭久氏による全曲書き下ろしのサウンドトラックCDが付いた豪華BOX『旋光の輪舞 DESIRES ROULETTE SOUNDTRACK × NOVEL』として発売決定。現在、エンターブレインのECサイト“エビテン[ebten]”にて予約受付中となっている。さらに、本商品には、早期購入特典として設定資料や開発者インタビューなどを収録した小冊子も付いてくる。 なお、サウンドトラックCDにはボーナストラックとして『旋光の輪舞』の楽曲アレンジを収録することが決定。その収録曲を決める“ボーナストラックリクエスト”も実施されるとのことだ。※『旋光の輪舞 DESIRES ROULETTE SOUNDTRACK × NOVEL』予約はこちらから

■商品概要

商品名:旋光の輪舞 DESIRES ROULETTE SOUNDTRACK × NOVEL発売日:2012年3月28日発売予定価格:3990円[税込]内容物:CD1枚(約70分予定)/文庫1冊/ハードBOX■CD収録内容:旋光の輪舞 DESIRES ROULETTE(オリジナルサウンドトラック)作曲:渡部恭久 ボーカル:海田明里ゲーム本編同様、渡部恭久氏による全編書き下ろしのサウンドトラック。収録曲数はボーナストラックを含め、約20曲を予定。■NOVEL内容:旋光の輪舞 DESIRES ROULETTE(文庫)原作:丸山博幸(グレフ) 文:永川成基 Illustration:曽我部修司(FiFS)1:月刊アルカディアに連載されていた、『旋光の輪舞』のスピンオフノベル“旋光の輪舞 DESIRES ROULETTE”に加筆修正を加え、文庫化。2:新規書き下ろしのサイドストーリー、描き下ろし挿し絵も掲載。■早期購入特典“旋光の輪舞 DESIRES ROULETTE”の裏話や設定資料、関係者インタビューなどをまとめたB5判小冊子。※数量限定のため、なくなり次第終了いたします。

●ボーナストラックリクエスト

 2012年1月23日に放送された、“帰ってきたグレフ通信!UST生放送 in 16SHOTS”。この放送中に発表された、サウンドトラック&ノベルの『旋光の輪舞 DESIRES ROULETTE SOUNDTRACK × NOVEL』。本商品のサウンドトラックに、ボーナストラックとして旋光の輪舞の楽曲アレンジを収録することが決定。 さらに、その収録曲はリクエストアンケートにて決定される。しかしこれは、得票数から選ぶ人気投票ではない。ベスト3に入った曲のうち1曲くらいは選ばれる可能性もあるが、選考基準のトップレートとなるのは、渡部氏の心を動かしたコメントリクエストが寄せられた曲とのこと。 思いの丈は、本企画のTwitter公式アカウントや公式メールアドレス[ust@grev.co.jp]あてに投稿してほしい。詳細はTwitter公式アカウント[@grevust]や、公式blog[http://www.grev.co.jp/blog/]で告知される。なお、リクエストの締め切りは2012年2月10日を予定。※グレフ公式twitterアカウント@grevust※グレフ公式メールアドレスust@grev.co.jp※『旋光の輪舞 DESIRES ROULETTE SOUNDTRACK × NOVEL』予約はこちらから(C) 2005,2009,2010 G.rev Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.(C) 2012 ENTERBRAIN, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

r4 販売

『ラグナロク オデッセイ』巨大なボス2体を紹介

r4
●巨大なボスに空中戦を挑め

 左右への高速ステップを利用したハイスピードなバトルに加え、画面に収まりきらないほどの巨大な巨人族との戦いがアツい本作。続報となる今回は、プレイヤーの前に立ちはだかる巨大なボス2体を紹介。さらに、ハンターとクレリックの特徴も併せて解説するぞ。

予測不能な異端児グレンデルこれまで確認された、どの巨人族とも特徴の異なる異端の巨人。異常なまでに発達した筋肉が自慢のようで、戦いの合間を狙って積極的にマッスルアピールを行う変わり者。通常の巨人よりも大きな体を使った独特の攻撃は、破壊力バツグン。

死を運ぶ翼フレースヴェルグイヴィング川の”ユーダリル大渓谷”に巣を持っていると言われる大怪鳥。極めて獰猛な性格をしており、エサを求めて”隔絶地”全域に現れる。ときには巨人族すら捕食対象にする恐ろしい鳥。

●ハンター&クレリックのアクションシーンを公開

広範囲に矢を放ったり、連続して矢を射ることもできるぞ。また、矢の威力は敵との距離に応じて変化するのだ。

多数の矢がモンスターの一団に降り注ぐ”アローストーム”。ちなみに、矢はロックオンすることでターゲットに向けて強く誘導されるようになる。

○ボタンの長押しで発動する回復魔法”サンクチュアリ”。ポーションを使わずにHPを回復できるので重宝するだろう。

相手の攻撃をタイミングよくガードして、カウンターを狙え!

※詳しくは週刊ファミ通2012年1月26日号(2012年1月12日発売)をチェック

ラグナロク オデッセイ メーカー

ガンホー?オンライン?エンターテイメント 対応機種

PSVita 発売日

2012年2月2日発売予定  価格

5985円[税込] ジャンル

アクション / ハンティング 備考

PS Store ダウンロード版は4800円[税込]、開発:ゲームアーツ、音楽:谷岡久美、CGムービー:ロボット、CGムービーディレクター:岩本晶(C)Gravity Co., Ltd. & Lee MyoungJin(studio DTDS). All Rights Reserved. (C)GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. ※画面は開発中のものです。 dstt 販売